2022/03/15に更新

【GASで時短】天気予報を取得する

APIスプレッドシート

気象庁が公開しているJSONファイルから今日、明日、明後日の天気予報を取得するGoogle Apps Scriptです。

こんな悩みを解決します


  • Google Apps Scriptで天気予報を取得したい!(悩みが思いつきませんでした・・・)。

用意するもの


特にありません。今お使いのスプレッドシートに組み込めます。

このスクリプトで出来ること


  • 気象庁の天気予報を取得することができます。「天気予報API」を通じて取得するわけではなく、気象庁のサイトで使っているJSONデータを取得しています。
  • 予報を取得する地域は、ポップアップウィンドウで指定することができます。
  • なお、本サイトで紹介している天気予報のサンプルデータの出典は、気象庁ホームページ(https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/)です。

使い方


1.スクリプトの実行

上のメニューに有る「スクリプト実行」から「天気予報を取得する」を実行します。

2.地域の入力

天気予報を取得したい地域を入力します。
基本的に都道府県名を入れればOKですが、北海道、鹿児島、沖縄は地域が別れていますので注意してください。
下記の地域が選択可能です。

  • 宗谷
  • 上川・留萌
  • 網走・北見・紋別
  • 十勝
  • 釧路・根室
  • 胆振・日高
  • 石狩・空知・後志
  • 渡島・檜山
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 大東島
  • 宮古島
  • 八重山

3.結果の確認

アクティブなスプレッドシートに、天気予報が追記されていきます。
実行する時間帯によって取得できる予報が明日までだったり、明後日までだったりと変化するようです。

4.エラーメッセージ

存在しない地域が入力された場合は、「地方を正しく入力してください」というエラーメッセージが表示され、スクリプトが終了します。

4.注意点

天気予報を取得することができますが、気象庁としては「API」ではないというスタンスです。
しかし「政府標準利用規約」に則って、JSONファイルを利用することは問題ないそうです。

スクリプト


/**
 * このスクリプトの説明、使い方はこちら。
 * https://myfunc.jp/items/00056/index.html
 */

function onOpen() {
  // スプレッドシートを開いたときに実行される関数

  // UIの取得
  const ui = SpreadsheetApp.getUi()

  // メニューの表示名
  const menu = ui.createMenu('スクリプト実行');

  // メニューに追加するボタン
  menu.addItem('天気予報を取得する', 'get_weather_forecast');

  // メニューを画面に追加する
  menu.addToUi();
}

function get_weather_forecast() {

  // UIを取得
  const ui = SpreadsheetApp.getUi();

  // アクティブなスプレッドシート、シートを取得
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();

  // 地域を入力させる
  const input = ui.prompt('地域を入力してください', ui.ButtonSet.OK_CANCEL);

  // キャンセルが押されたらスクリプトを終了する
  if (input.getSelectedButton() == ui.Button.CANCEL) {
    return;
  }

  // 入力したされた都道府県を取得する
  const input_pref = input.getResponseText();

  // 都道府県コードを用意する
  const obj_pref_codes = {
    '宗谷': '011000', '上川・留萌': '012000', '網走・北見・紋別': '013000', '十勝': '014030', '釧路・根室': '014100', '胆振・日高': '015000',
    '石狩・空知・後志': '016000', '渡島・檜山': '017000',
    '青森県': '020000', '岩手県': '030000', '宮城県': '040000', '秋田県': '050000',
    '山形県': '060000', '福島県': '070000', '茨城県': '080000', '栃木県': '090000', '群馬県': '100000',
    '埼玉県': '110000', '千葉県': '120000', '東京都': '130000', '神奈川県': '140000', '新潟県': '150000',
    '富山県': '160000', '石川県': '170000', '福井県': '180000', '山梨県': '190000', '長野県': '200000',
    '岐阜県': '210000', '静岡県': '220000', '愛知県': '230000', '三重県': '240000', '滋賀県': '250000',
    '京都府': '260000', '大阪府': '270000', '兵庫県': '280000', '奈良県': '290000', '和歌山県': '300000',
    '鳥取県': '310000', '島根県': '320000', '岡山県': '330000', '広島県': '340000', '山口県': '350000',
    '徳島県': '360000', '香川県': '370000', '愛媛県': '380000', '高知県': '390000', '福岡県': '400000',
    '佐賀県': '410000', '長崎県': '420000', '熊本県': '430000', '大分県': '440000', '宮崎県': '450000',
    '鹿児島県': '460100', '奄美': '460040',
    '沖縄本島': '471000', '大東島': '472000', '宮古島': '473000', '八重山': '474000'
  }

  let pref_code;
  let jma_area;

  // 都道府県コードのオブジェクトをループして、入力されたキーワードから地域を探す
  for (let [key, value] of Object.entries(obj_pref_codes)) {
    if (key.match(input_pref)) {
      pref_code = value;
      jma_area = key;
      break;
    }
  }

  // ループで見つけることが出来なかったらエラーを出してスクリプトを終了する
  if (!pref_code) {
    ui.alert('地方を正しく入力してください');
    return;
  }

  // 都道府県コードを元に、リクエストURLを生成
  const url = 'https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/data/forecast/' + pref_code + '.json';

  // URLにアクセスする
  const response = UrlFetchApp.fetch(url);

  // コンテンツを取得する
  const response_text = response.getContentText();

  // JSONとしてパースする
  const json = Utilities.jsonParse(response_text);

  // 最大で「今日、明日、明後日」の3日分のデータが入っている。日付の数だけループする。
  for (let i = 0; i < json[0]['timeSeries'][0]['timeDefines'].length; i++) {

    // 天気予報の日時を取得する。ISO8601形式のため、通常のDate型に直す。
    let date = new Date(json[0]['timeSeries'][0]['timeDefines'][i]);

    // ひとつの地域コード内に複数の地域が入っている場合があるので、ループで取得する。
    for (let j = 0; j < json[0]['timeSeries'][0]['areas'].length; j++) {

      /*
        入っているデータのサンプル
        {
        area={
          name=東京地方, code=130010}, 
          weatherCodes=[200, 202, 101],
          waves=[1メートル, 0.5メートル 後 1メートル, 0.5メートル 後 1メートル],
          winds=[北東の風 23区西部 では 北東の風 やや強く, 北東の風 日中 南西の風 23区西部 では 南西の風 やや強く],
          weathers=[くもり, くもり 後 晴れ 明け方 から 朝 雨 所により 雷 を伴う, 晴れ 時々 くもり]
        }
      */

      let name = json[0]['timeSeries'][0]['areas'][j]['area']['name']; //地域を取得する
      let weather = json[0]['timeSeries'][0]['areas'][j]['weathers'][i]; //天気を取得する
      let wind = json[0]['timeSeries'][0]['areas'][j]['winds'][i]; //風の情報を取得する

      // シートに書き込むために配列にする
      let line = [date, jma_area, name, weather, wind]

      // シートの最終行に追記する
      sheet.appendRow(line);

    }
  }
}

関連するアプリ


タグ一覧

最新のアプリ

人気のアプリ

myfunc.jp