2021/11/08に更新

【GASで便利に】スライドを開いたときにメッセージを表示する

スライド業務改善小技

スライドを開いたときにメッセージを表示するGoogle Apps Scriptです。更新履歴などのお知らせ、業務の引き継ぎ、注意事項などを表示するのに使えます。ユーザーによるスクリプトの動作承認は不要です。

こんな悩みを解決します


  • スライドのユーザに伝えたいこと(引き継ぎ、お知らせ、警告など)がある。
  • メールやチャットでは忘れられてしまいそうで、スライドを開いたときに確実に伝達したい。

用意するもの


特にありません。今お使いのスライドに組み込めます。

このスクリプトで出来ること


  • スライドを開いたときに、ポップアップウィンドウで任意のメッセージを表示することができます。
  • シンプルトリガーで動作するのでユーザによる権限の承認は必要ありません。スライドを開いたユーザなら誰にでも表示されます。

使い方


1.メッセージの準備

GASのスクリプトエディタで、表示したいメッセージを書き込みます。
8〜9行目にサンプルメッセージが書いてありますので、これを参考に書き換えてください。
改行は\n(バックスラッシュとn)で使うことができます。

2.動作の確認

スライドを一度閉じて開き直すか、リロードします。
スクリプトエディタで書き込んだメッセージが表示されることを確認してください。

スクリプト


/**
 * このスクリプトの説明、使い方はこちら。
 * https://myfunc.jp/items/00021/index.html
 */

function onOpen() {
  // スライドを開いたときに実行される関数

  // スライドのuiを取得
  const ui = SlidesApp.getUi();

  // メッセージを定義
  let message = '開いたときに、このようにメッセージを表示できます。\n';
  message += 'お知らせなどに使えます。';

  // メッセージを表示する
  ui.alert(message, ui.ButtonSet.OK);

}

関連するアプリ


【GASで便利に】スプレッドシートを開いたときにメッセージを表示する

スプレッドシートを開いたときにメッセージを表示するGoogle Apps Scriptです。更新履歴などのお知らせ、業務の引き継ぎ、注意事項などを表示するのに使えます。ユーザーによるスクリプトの動作承認は不要です。

【GASで便利に】ドキュメントを開いたときにメッセージを表示する

ドキュメントを開いたときにメッセージを表示するGoogle Apps Scriptです。更新履歴などのお知らせ、業務の引き継ぎ、注意事項などを表示するのに使えます。ユーザーによるスクリプトの動作承認は不要です。

【GASで品質向上】特定のセルが編集されたときにメッセージを表示する

特定のセルが編集されたときにメッセージを表示するGoogle Apps Scriptです。編集をさせたくないときは保護してしまえばよいのですが、編集後に「本当にその内容で大丈夫?」と振り返って欲しいときに使えるかもしれません。ユーザによるスクリプトの動作承認は不要です。

【GASで品質向上】特定のセルが編集されたときにメールで通知する

特定のセルが編集されたときにメールを送信するGoogle Apps Scriptです。大事な部分が更新された時にすぐに知りたいときに使えるかもしれません。

【GASで品質向上】長い数式が入っているセルにメモを入れてもらう

一定の文字数以上で構成された数式が入っているセルを探し、そのセルにメモが入っているかどうかをチェックするGoogle Apps Scriptです。長い数式はわかりにくいので説明を書いてもらうために作りました。

タグ一覧

最新のアプリ

人気のアプリ

myfunc.jp